スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEC 退職面談11回 継続中

NECが募った1万人規模の希望退職について、しんぶん赤旗が面談の「一問一答」を

リアルに紹介して反響を呼んでいる。

これでは、面談する側もつらいのではないかというのだ。

「今の職場で今のまま業務を続けてもらうのは難しい」「残って今の仕事を続けたい」

赤旗の2012年10月9日付記事では、100回ほども繰り返されたという

このやり取りなどが、禅問答のように続いていく。

面談は、NECが5月16日に希望退職募集を発表してから、携帯電話事業などの

職場で行われた。

対象は、勤続5年以上となる40歳以上の社員で、希望退職は「特別転進」の名で

呼ばれていた。

その結果、8月28日に2393人が応募したことが発表された。

海外や派遣などで8000人ほどが削減されることから、

これで1万人のめどが立ったことになる。

記事によると、40代の男性社員は、5月下旬から7月末にかけて計11回も、

15~90分間の面談を受けた。

男性がやる気をアピールしても、上司は「自己研さんの場ではない」

「一般的にいうリストラだ」と強調した。

苦痛なので面談を止めてと男性が訴えると、上司は業務拒否だと主張した。

3回目の翌日に、男性は不安や不眠から心療内科にかかり、

適応障害と診断されたという。

しかし、上司は、「法的に問題ない」として面談を続行した。

指名解雇などになる可能性から辞めた方が得だとし、

今のままでは会社や男性にとっても不幸だと指摘した。

11回目になって上司の上役も面談に加わり、「残れないよ」と諭した。

これに対し、男性が「もう自殺するしかないじゃないですか」と漏らすと、

上役は、自殺は止めるようにと言って面談終了を告げた。

男性は、現在も職場に残っているという。


正直言ってここまでして残るほどNECは良い会社なのか、

部外者の私にはわかりませんが、多分この男性は他の会社でやっていく自信が

ないのだろうなあとは思います。

日本の企業はなかなか専門性を身に付けさせませんから、会社が成長している時は

良くてもいざ業績が悪くなると減給か退職かということになる。

この社員も自分で稼ぐスキルがあればこんなことにならなかったのだろうな。

FXのトレードでキャッシュを生み出せる方法がこれです。
                  ↓




人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハギタン

Author:ハギタン
30代団塊ジュニアです。
独身トレーダーです。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。