スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のボジェレーは不作?

11月15日午前0時に解禁される仏ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が、

品不足により例年より値上がりする懸念が出ている。

原料となるブドウの収穫量が、天候不良による不作で想定の半分程度と「史上最悪」

(仏ボージョレーワイン委員会)になったため。

輸入業者は、注文に応じた量を確保できるか気をもんでいる状況だ。

仏ボージョレーワイン委員会によると、原料となる仏ボージョレ地方のブドウ、

「ガメイ種」の収穫量は、最盛期の9月下旬でさえ、例年の半分以下という。

最大の原因は天候不順で、夏場は低温で、雹(ひょう)が降ったほどだった。

ただブドウの品質そのものは、「よく熟すことができて健全」(仏ボージョレーワイン

委員会)で、新酒の仕上がりは例年並みのうまさになるとみられるだけに、

「供給量が逼(ひっ)迫(ぱく)することが心配される」(同)という。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121018/biz12101821220027-n1.htm

供給がひっ迫してるから、今年は高く売りつけようという気なのでしょうか。

有名なコピペです。

95年「ここ数年で一番出来が良い」

96年「10年に1度の逸品」

97年「1976年以来の品質」

98年「10年に1度の当たり年」

99年「品質は昨年より良い」

00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」

01年「ここ10年で最高」

02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」

03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」

04年「香りが強く中々の出来栄え」

05年「ここ数年で最高」

06年「昨年同様良い出来栄え」

07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

09年「ここ50年で最高の出来」

10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

11年「最高のミレジム。2009年より果実味に富んだリッチなワイン」

12年「史上最悪の不作」  ←New!!

バイナリー・オプションの新作も出ました。

試してみてはいかがですか。




人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハギタン

Author:ハギタン
30代団塊ジュニアです。
独身トレーダーです。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。