スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのかを読みました。

1981年から30年も続いていた和牛商法ですが、

なんと最初から詐欺だったそうです。

被害総額は被害額4300億円、被害者7万人と、戦後最大規模の消費者被害事件

になった訳ですが、最初から新規の加入金を入れ続け、何とかまわしていた

自転車操業状態だったそうです。

投資家から預かったお金で牛を育てて、その肉を市場で売ることによって年利5パーセント

の利益が出ますよという投資商品だったのですが、良く考えてみればそんなに儲かる

のであれば銀行や投資ファンドがとっくに投資しているはずなのですが、もちろん彼らは

一円も投資してません。

結構凄い広告打ってましたからね。

広告や営業の費用を考えたら年利6,7パーセントも出せなきゃ無理なのですが、

畜産農家でそんなに儲かってるところはひとつもないそうです。

まあ最初から人を騙すのが目的だった訳ですが、なぜ野放しになっていたかというと、

故意で人を騙しているかどうか立件するのが、難しいことがあげられるそうです。

分かりやすくいうと一生懸命頑張ったんだけど儲かりませんでしたというのはセーフで、

最初から騙すつもりだった場合はアウトだということです。

まあ民主党の海江田万里衆議院財務金融委員長も太鼓判を押してましたましたからね。

素人が騙されてしまうのも仕方がない。

しかし投資家に向けて発表した決算書と地元の税務署に出した決算書が

違ったそうですから困ったものですね。

しかも東日本大震災で解約が増えなかったら、今でも続いてたかもしれないというw

やっぱり投資は自分で勉強して自分の判断で売買するべきです。





人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

「あぐら物語日記」というブログを書いておりますrokoと申します。

本日、誠に勝手ながらこちらの記事をブログで紹介させていただきました。

「失敗事業か?ポンジーか?:和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか [社会](本読みの記録 2014年5月5日)」
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-2519.html

転載不可の場合はお知らせいただけると助かります。
この度は本のご感想、ありがとうございました。
プロフィール

ハギタン

Author:ハギタン
30代団塊ジュニアです。
独身トレーダーです。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。